知りたい!?会計ソフトとは?

簿記の知識がなくても使いこなせるの?

会社で働く給与所得者は、会社が納税をしてくれます。それを「年末調整」と言います。でも自営業などの個人事業主は、自分で確定申告することが必要です。税金を納めすぎている場合が多いので、確定申告をしない手はありません。
では、いったい何をすればいいのでしょう。確定申告には「記帳」や「帳簿」が必要ですが、知識がないと不安ですよね。その不安を解消してくれる強い味方が「会計ソフト」なのです!専門知識はとくに必要ありません。
確定申告をするには、年収や経費などをまとめなければなりません。記帳の際に使用する「勘定科目」を見ると何だか難しそう…でも「会計ソフト」を使えば、カンタンに振り分けてくれます。
必要な情報を入力すれば「貸借対照表」や「損益計算書」といった帳簿も自動的に作成してくれるスグレモノなのです。

どんな「会計ソフト」を選べばいいの?

「会計ソフト」には、大きく分けて「インストールタイプ」と「クラウドタイプ」があります。検索するといろいろ出てきますので、自分に合ったタイプを選んでみてください。
青色申告の場合、商工会議所や青色申告会で無料の講習会を開いている場合があります。そこで「会計ソフト」の使い方を教えてくれることもありますし、「インストールタイプ」のお試し版を配布してくれることもあります。「クラウドタイプ」では無料期間を設けているものもありますので、実際に使ってみて決めるといいかもしれません。
費用はどちらのタイプも年間1万円前後です。「会計ソフト」の購入費用ももちろん経費になりますので、忘れずに計上しましょう。
簿記というととっつきにくい印象がありますが、「会計ソフト」を使ってみると、その便利さにきっと驚くと思いますよ。

© Copyright Support Calculator. All Rights Reserved.